不動産売却の流れ

不動産を売却するにあたって、
その「流れ」を把握しておくことはとても重要です。

 

なぜなら、どこで、どのようなアクションがあるのかを把握しておくことで、
事前にしっかり準備しておくことが出来たり、
トラブルを防ぎながらスムーズに売却することが可能になるからです。

 

おおまかな流れは、意外とカンタンですから、
ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

まず、不動産を売却する時の流れは基本的に以下の通りです。

(1)不動産の準備
(2)仲介不動産探し
(3)売りに出す
(4)購入希望者と交渉
(5)売却成立

 

1つずつ見ていきましょう。

(1)不動産の準備

不動産を売りに出す際に、
「築年数」や「立地」は重要な要素の1つです。

 

しかし、それ以上に大切なのが、
「少しでも良い状態をキープすること」なのです。

 

経年劣化してしまったところは仕方がないとして、
可能なところは積極的に掃除を行ない、
少しでも綺麗な状態で売りに出せるように準備しておきましょう。

 

もし、訪問査定を依頼するのであれば、
このような「状態」も1つの指標になるので、
ぜひ、しっかり行なって頂きたいところです。

(2)仲介業者探し

ある程度キレイな状態にして準備が整ったら、
不動産売却を仲介してくれる業者探しをはじめましょう。

 

ただし、仲介業者は何千社とありますから、
自分にあったところを探すことが重要です。

 

今後、売却するまでの間お世話になりますし、
仲介業者によって価格も大幅に変動しますので、
しっかり丁寧に探すことをおすすめします。

 

 

尚、仲介してくれる業者が決まれば、
次はいよいよ不動産の価格査定に入ります。

 

「自分の不動産がいくらで売れるのか?」
という指標を業者が査定してくれます。

 

 

尚、この「仲介業者探し」と「価格査定」を一度に行える
インターネット上の無料サービスも存在します。

 

なかには、訪問を一切受けず、
ネット上だけで査定してもらえるところもあります。

 

また、郵送物などがない業者も存在していますので、
家族に内緒でとりあえず査定してみたいという場合にも安心です。

 

もちろん、現在住んでいる状態だったり、
売却時期が全く未定だという場合でも大丈夫です。

 

「とりあえず査定してみたい」という場合でも全く問題ありませんので、
こちらを使って自分に合った仲介業者を探してみてくださいね。

 

詳しくはコチラ

(3)売りに出す

(2)でお伝えした「仲介業者探し」と「価格査定」を終えると、
いよいよ実際に不動産を売りに出すことになります。

 

売りに出す際の価格設定などは、
業者の担当者さんがいろいろとアドバイスをくれるので、
自分の希望と照らしあわせて調整していきましょう。

 

自分に合った業者を選んでおくと、
この際のやり取りも、大変スムーズなものとなります。

 

そのため、やはり(2)で紹介したような一括査定サービスを利用し、
まずは複数の業者から査定を受けることが大切になってくるのです。

(4)購入希望者と交渉

売りに出すと、「購入希望者」が現れます。

 

「購入希望者」は自分の条件を出してきますので、
業者と相談しながらお互いの希望をすり合わせていきましょう。

 

尚、コチラ側が焦りすぎると損してしまう事もありますので、
ここでの交渉は慎重に行なう必要があります。

 

業者の担当者さんと相談の上、「絶対に譲れない部分」「最低額」などを
あらかじめ決めておくと良いでしょう。

(5)売却成立

お互いの希望がマッチすれば、売買成立です。
物件情報を開示し、売買契約を結びます。

 

これで不動産売却の一連の流れは終了となります。
最後に不動産を引き渡し代金を受け取ります。

 

 

もちろん、必要な手続き等は、
ほぼ不動産会社の担当者さんが代行してくれますので、
買主(購入希望者)さんと一切会わずに進めることも可能です。

 

買主さんに対して、あなた自身が契約書の説明をしたり、
代金授受を直接行なうようなことはありませんので、ご安心ください。

 

売買契約を結ぶ際に、
あなた自身が把握している不動産の良い点・悪い点を全て伝えておくと良いでしょう。

 

クレームやトラブルの発生を事前に防げます。

スムーズに進めるには、「良い仲介業者を選ぶ」ことが大切!

いかがでしょうか。
不動産売却の流れは意外とカンタンです。

 

しかしながら、
それをスムーズに進められるかどうかは、
やはり仲介業者や担当者さん次第です。

 

あなたにとって、不動産売却は一生に一度のイベントかもしれません。

 

損したり、失敗することを少しでも防ぐためにも、
ぜひ、良い仲介業者を探してみてくださいね!

査定物件の場所
活用方法
物件種別
提携不動産会社数
査定のタイプ
こだわり条件
査定結果の通知方法